青色申告と白色申告の違い

ホーム > 起業準備について知っておくと便利な情報 > 青色申告と白色申告の違い


なぜ確定申告をしなければいけないか?

フリーランスや個人事業主に避けては通れないのが「確定申告」。
節税対策のためにも、しっかりとした申告を行いたいものです。
そうは言っても、初めてのことでは分からないことが多いはずです。
ここでは自営業者の方に知っていただきたい
「白色申告と青色申告の違い」についてお伝えいたします。

そもそも、フリーランスや個人事業主が確定申告を行わないといけないかというと
我が国では、納税者自らが納税すべき税金を計算し、申告することにより
納税額が確定する「申告納税制度」を採用しているからです。
20万円を超える事業所得がある場合は、確定申告を行う必要があります。

確定申告には2種類ある

この個人事業の確定申告には、「白色」と「青色」の2種類があります。
青色は、さらに特別控除の金額が10万円と65万円に分けられます。

・青色申告
原則として複式簿記方式により毎日の取引を帳簿へ記録し
それに基づいて所得を申告する制度です。
税務署に申請書類を提出し、承認を受けることが条件となります。
そして、青色申告にすることで、白色申告に比べて
必要経費として認められる科目数・金額が増加したり
所得金額から控除される科目数・金額が増加するというメリットがあります。

・白色申告
青色申告の申請を行っていない人は白色申告になります。
帳簿への記録は単式簿記で行います。
所得税の税額計算のベースとなる「課税所得」は
課税所得=(収入-必要経費+その他の所得)-各種所得控除
という計算式で求められます。

上記の通り、開業する際に青色申告を採用することで
白色申告に比べて数万円~数十万円の節税効果が期待されます。
開業時には、ぜひとも青色申告をされることをおすすめします。

川野辺税理士事務所では開業支援を通して、あなたの夢の実現をお手伝いしています。
手続きが煩わしくナーバスになりがちな確定申告の作業も
税理のプロである税理士に任せればスムーズに進むでしょう。

 
 

お気軽にご相談をお待ちしております。初回相談5,000円。050-3576-9997/ご相談はこちら

 
 

NEW BLOG

     
     
     

     
     
     
    ページトップに戻る