キャッシュフロー計算書の作成方法

ホーム > 起業準備について知っておくと便利な情報 > キャッシュフロー計算書の作成方法


キャッシュフロー計算書の作成方法

キャッシュとは、現金及び要求払い預金(当座預金、普通預金、通知預金)、
容易に換金可能かつ価格の変動がわずかな短期投資の事を指します。
一定期間にこれらのキャッシュ、すなわち資金がどれだけ流入・流出したかを
表現したものがキャッシュフロー計算書です。

キャッシュフローの重要性

企業運営を経済的な視点から見てみると
「キャッシュフローを創造する事」と言うことが出来ると思います。
そしてキャッシュフローを創造する力が大きい企業が、
高い価値を持った企業だという事が出来ます。
そのような企業の経営方法を「キャッシュフロー経営」などと呼びます。
キャッシュフロー計算書はこうしたキャッシュフロー経営を実践するための手段として存在します。

キャッシュフローの3つの区分

企業活動は、営業活動、投資活動、財務活動の3つの活動からなっています。
キャッシュフロー計算書では、この3つの活動における現金の出入りを見ます。
営業活動によるキャッシュフローは、仕入れや製造、販売などにともなう現金の出入りを表したものです。
この項目がキャッシュフロー計算書のメインになります。
投資活動によるキャッシュフローは、設備投資、有価証券の投資などにともなう現金の出入りを、
財務活動によるキャッシュフローは、借り入れや返済、社債の発行、償還、配当金の支払いなどに
ともなう資金の収支を表したものです。

直説法と間接法

営業活動によるキャッシュフローを算出する方法には
「直接法」「間接法」の二種類があります。
簡単に言えば、直接法は営業活動で生じた現金収入・支出を総額でとらえ、
間接法は損益計算書の税引き前利益に現金の収入・支出をともなわない事項や
特定の事項を加算したり減算したりするやり方です。
多くの企業では間接法が採用されているようです。

川野辺税理士事務所では、必要なキャッシュの計算方法など
わかりやすくご説明・ご支援いたします。
あなたの開業支援をスムーズにすすめるために、是非ご相談ください。

 
 

お気軽にご相談をお待ちしております。初回相談5,000円。050-3576-9997/ご相談はこちら

 
 

NEW BLOG

     
     
     

     
     
     
    ページトップに戻る