詳細な事業計画作成の重要性

ホーム > 起業準備について知っておくと便利な情報 > 詳細な事業計画作成の重要性


事業計画書の概要

事業計画書は、新しく事業を始めるときや起業する際に重要視されます。
計画書の内容は大きく分けて以下の3つです。
・経営環境の分析(市場のデータ、競合他社の分析、ポジショニングマップなど)
・事業の構想(経営理念、将来的なビジョン、事業のコンセプトなど)
・数値計画(売上の予測や損益の計算書、人員計画、資金繰りの計画など)

事業の実現可能性を客観的に判断できる

事業がなかなか軌道に乗らない起業家の特徴に、
事業計画書の作成を疎かにしている点があります。

思いがけない失敗をするのを防止するためにも、
いかなる事業でも事業計画書を作成する必要があります。
事業計画書を立てることで、
以下の2つの利点があると考えられます。

まず、事業が実現可能か、客観的に判断できることです。
内容を文章で落とし込むことによって、
将来的な目標や課題、リスクなどが把握できるのです。
また、作成の過程で自分が本当に求めているものに気がつくことがあるでしょう。

関係者の理解を得るのに効果的

銀行や地方自治体などから融資を受ける際に、
事業計画書の提出を求められるケースがほとんどです。
提出が必須でない場合も、
事業計画書を手元で見せながら事業をアピールしたほうが、
先方に魅力が伝わりやすく、融資は受けやすいものと推測します。
事業計画書を添付することで、
制度融資の書面審査においての信頼度はグッと上がります。

事業計画書はいわば会社という船の進行計画書のようなもので、
ないと進むべき道が分からず、遭難してしまうのと同じです。
起業の際にはビジネスプランをしっかり組むことをおすすめします。

川野辺税理士事務所では開業支援を通して、
あなたの夢の実現をお手伝いしています。
事業計画書も専門家の視点を含めて作成することで、
より客観的に、説得力のあるものが仕上がるはずです。

 
 

お気軽にご相談をお待ちしております。初回相談5,000円。050-3576-9997/ご相談はこちら

 
 

NEW BLOG

     
     
     

     
     
     
    ページトップに戻る