会社設立までの一般的なスケジュール

ホーム > 起業準備について知っておくと便利な情報 > 会社設立までの一般的なスケジュール


起業・会社設立を決めたら

会社員を辞め、事業主として会社を立ち上げるとき、
どのような手続きをすればいいのでしょうか。

事業内容の具体化

まず、何を商売とするのかはっきりと決めましょう。
自分のキャリアを活かせるもの、
強みや他との差別化ができることが大事になります。
どんな事業なのか、一言で言えれば理想的です。
その際には自分しか持っていない主張と、独自の視点を話すようにしましょう。

情報収集とリサーチ

会社を設立するからには、利益を生まないといけません。
事業と利益がどのように結びつくのか、情報の収集をしましょう。
そしてどのような企業が競合となるのか、展開事業の将来性、
市場のニーズを具体化します。
独自性がどこにあるのか、検討することも必要です。

事業体系、営業場所の決定

個人事業主として起業するのか、会社組織として開業するのかを決めます。
どちらもメリット、デメリットが存在するので、
どう最大化、最小化していくのか検討が必要になります。
また、営業場所も会社設立の要です。
競合となる店の状況や人の流れ、顧客となる人の年齢、所得者層など、
マーケティング面からの調査が重要です。

事業計画書の作成

起業で最も重要な行程です。
資金の調達方法やいつどのように資金が必要になるのか検討しましょう。
起業した後の経営における損益や資金繰りのプランも合わせて考えます。

最後の起業準備

まず資金調達、許認可、店舗と事務所の引越し、
広告宣伝、小物の仕入を行います。

起業には以上のような行程があります。
川野辺税理士事務所では開業支援を通して、
あなたの夢の実現をお手伝いしています。
開業計画も経験豊富な専門家と相談して組むことで、
よりスムーズに進むでしょう。
幅広いネットワークを活用したトータルサポートで、
あなたの開業を応援します。

 

 
 

お気軽にご相談をお待ちしております。初回相談5,000円。050-3576-9997/ご相談はこちら

 
 

NEW BLOG

     
     
     

     
     
     
    ページトップに戻る