レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いについて

ホーム > 起業準備について知っておくと便利な情報 > レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いとは


開業するにあたり、多くの方が店舗を借りることになりますが、
経費を抑えるためにレンタルオフィスやバーチャルオフィスを選択する方も少なくありません。

「レンタルオフィス」

レンタルオフィスとは、契約者に個別の場所を提供するサービスになります。
個室に限らず、パーテーションなどで簡易的に仕切った個別ブースを
提供しているところもあります。
契約している個室だけでなく、契約者で共有することが可能な
ミーティングルームやゲストルームを備えているレンタルオフィスもあります。

「バーチャルオフィス」

バーチャルオフィスはレンタルオフィスと異なり、個別の場所を提供していません。
そのため、レンタルオフィスよりも低コストで運用することができます。
また、登記も可能で名刺にバーチャルオフィスの住所を記載することができるため、
バーチャルオフィスを利用することで実店舗を借りずとも信用が得られます。
ミーティングルームやゲストルームを備えているバーチャルオフィスなら、
お客様の来社にも柔軟に対応することができます。
秘書常駐というサービスを提供しているバーチャルオフィスもあります。

川野辺税理士事務所は、多くの方の独立開業を支援してきた実績があります。
プロのサポートは、開業を成功させるためには欠かせないといえます。
独立開業のご相談でしたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

 
 

お気軽にご相談をお待ちしております。初回相談5,000円。050-3576-9997/ご相談はこちら

 
 

NEW BLOG

     
     
     

     
     
     
    ページトップに戻る