開業時に受けることのできる助成金・補助金申請について

ホーム > 起業準備について知っておくと便利な情報 > 開業時に受けることのできる助成金・補助金申請にはどんなものがあるか


開業のためには、多くのお金を必要とすることから、
多くの方が資金調達に頭を悩ませていることでしょう。
そんな方々のために、国や地方自治体では助成金や補助金によって、
独立開業を支援しています。
助成金や補助金は、銀行からの融資と異なり、
返済が不要なことが一番の魅力であるといえます。
しかし、これらは申請すれば必ず受け取れるというわけではありません。
助成金は要件を満たせば受給できますが、
補助金は予算があるため要件を満たしても受給できない場合があります。

「雇用調整助成金」

売上減少時に、雇用調整によって雇用を維持した企業に助成されます。

【大企業の場合】
助成率……2分の1(上限7,830円/人)

【中小企業の場合】
助成率……3分の2(上限7,830円/人)

「ちいさな創業未来補助金」

この補助金を受給するためには、国が認定している助言機関に、
計画段階から相談する必要があります。

【地域需要創造型起業・創業の場合】
補助率……3分の2
補助上限額……200万円

【第二創業の場合】
補助率……3分の2
補助上限額……500万円

【海外需要獲得型起業・創業の場合】
補助率……3分の2
補助上限額……700万円

独立開業のサポートは、川野辺税理士事務所にお任せください。
幅広いネットワークを駆使して、あなたの開業をトータル的にサポートしていきます。
開業に関する煩雑な手続きもプロにお任せすれば安心です。

 
 

お気軽にご相談をお待ちしております。初回相談5,000円。050-3576-9997/ご相談はこちら

 
 

NEW BLOG

     
     
     

     
     
     
    ページトップに戻る