開業に必要な資金の平均的な目安について

ホーム > 起業準備について知っておくと便利な情報 > 開業に必要な資金の平均的な目安はどれくらいか


多くの方が、ご自分の会社やお店を持つことを夢見て、開業を目指されていると思います。
2003年の法改正により、資本金がなくても会社を設立できるようになったため、
開業の敷居が低くなりました。
そうはいっても、資金が全くなければ開業することは難しく、
多くの場合それなりの開業資金が必要になってきます。
もちろん、銀行からの融資を検討することもできますが、
誰もが必ず融資を受けられるわけではありませんから、
その場合は自己資金を調達する必要があります。

「カフェの開業資金の目安」

2000年の初頭に起こったカフェブームの影響で、カフェの開業を目指す人たちは後を絶ちません。
20坪のカフェの開業に必要な資金は、1,000万円程度といわれています。
しかし、これはあくまでも目安であって、300万円程度で開業を実現させた例もあります。

「ネイルサロンの開業資金の目安」

ネイルサロンの開業は、女性が比較的手軽に始められることから人気があります。
3人のネイリストを雇用した場合は、350万円程度で開業が可能です。
自宅を店舗として利用すれば、開業資金はさらに抑えることができます。

「コンビニの開業資金の目安」

フランチャイズに加盟してコンビニを開業させる場合は、
平均して300万円程度の開業資金が必要になります。
内訳は、研修費が約50万円、開業準備手数料が約100万円、
自己資本が約150万円となっています。

川野辺税理士事務所は、独立開業を目指す人たちを応援しています。
あなたのご要望に合わせて、的確なアドバイスで独立を支援していきます。
プロのサポートを受けて、あなたの夢を実現させてください。

 
 

お気軽にご相談をお待ちしております。初回相談5,000円。050-3576-9997/ご相談はこちら

 
 

NEW BLOG

     
     
     

     
     
     
    ページトップに戻る