許可や届出が必要な事業について

ホーム > 起業準備について知っておくと便利な情報 > 許可や届出が必要な事業について


事業を始めるにあたり、許可等必要なく誰にでも始められるものと、
許可や届出が必要になるものがあります。
許可や届出を行う機関は、始める事業によって異なってきます。
また、イベントなど短期間で終了する催し物の開催であったとしても、
許可や届出が必要になる場合もあるので、事前に確認しておくように注意しましょう。

「許可・届出が必要な理由」

なぜ、業種によって許可・届出が必要かというと、業務を行う担当者や、
商品の購入・サービスを受ける消費者の安全性を守るためにあります。
例えば、野菜や家畜、薬など、人が口にするものは健康被害を引き起こす危険性もありますから、
しっかりとした管理の元で生産されるように許可・届出を義務づけているのです。

「許可・届出が必要な業種」

許可・届出が必要な業種には下記のようなものがあります。
・理容・美容業
・クリーニング業
・旅館業
・医療機器の販売・賃貸
・毒物・劇物の販売業
・薬局
・LPガスの販売
・廃棄物処理業
・貸金業
・労働者派遣事業
・旅行業

独立開業を目指すなら、川野辺税理士事務所にご相談ください。
開業後の安定した経営を実現させるためにも、プロのサポートはとても大切です。
いつでも気軽に相談できる税理士事務所として、あなたの夢の実現を応援します。

 
 

お気軽にご相談をお待ちしております。初回相談5,000円。050-3576-9997/ご相談はこちら

 
 

NEW BLOG

     
     
     

     
     
     
    ページトップに戻る