法人化を目指す上で知っておくべき会社法人の種類について

ホーム > 起業準備について知っておくと便利な情報 > 法人化を目指す上で知っておくべき会社法人の種類について


単に法人といっても、法人にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。
また、どの法人形態であっても、設立後に発生する法人税などの税金に差はありません。
ここでは、株式会社をはじめとした4つの法人形態について説明していきます。

「株式会社」

株式会社にすることの一番のメリットは、
他の法人と比べて社会的信用度が高いことが挙げられます。
また、株式の公開ができるため、株式公開による資金調達を目指すことができます。
そのようなメリットがある反面、他の法人よりも設立の手続きが大変だといったデメリットもあります。
さらに、株式会社にした場合は、
会社は設立者のものではなく、株主のものになるということも覚えておきましょう。

「合同会社」

合同会社は、1人でも簡単に設立ができる法人になり、
低コストで設立できるといったメリットがあります。
出資の範囲内で責任を負う「有限責任社員」で構成される法人形態になります。

「合名会社」

合名会社は、会社法施行により1人でも設立が可能になりました。
会社の負債に対して全ての責任を負う必要のある「無限責任社員」で構成されるため、
リスクの伴った法人形態であるともいえます。

「合資会社」

合資会社とは、「無限責任社員」と「直接有限責任社員」で構成される法人形態になります。
他の法人と異なり、設立には2人以上の社員が必要になります。

川野辺税理士事務所では開業支援を通して、あなたの夢の実現をお手伝いしています。
専門家のサポートなしに、開業を行うのはとても困難なことです。
幅広いネットワークを活用したトータルサポートで、あなたの開業を応援します。

 
 

お気軽にご相談をお待ちしております。初回相談5,000円。050-3576-9997/ご相談はこちら

 
 

NEW BLOG

     
     
     

     
     
     
    ページトップに戻る