起業準備について知っておくと便利な情報

ホーム > 起業準備について知っておくと便利な情報

多くの方が起業を目指していることでしょうが、
起業に当たっては専門家のサポートは欠かせません。

余計なコストを掛けたくないといった理由から、
何でもご自分で行おうとする方は少なくありません。
しかし、専門家のサポートを受けることでスムーズな開業が期待できるため、
結果的にはコストを抑えることにつながっていきます。

また、開業後の経営にも視野を向けて、起業の準備をしていく必要があります。
そのためにも、中期経営計画の策定はとても重要になります。

川野辺税理士事務所では、
行政書士や司法書士、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーなどといった
各分野のプロフェッショナルとの連携によるトータルサポートで、
開業の実現をご一緒に目指していきます。

法人形態には、「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4種類があります。それぞれの法人に特徴がありますが、社会的信用度が高いのは「株式会社」になります。

・・・つづきはこちら

開始する事業によっては、所定の機関に許可や届出が必要になる場合があります。このような許可や届出は、業務を行う担当者や消費者の安全性を守るために必ず行う必要があります。

・・・つづきはこちら

開業を目指すためには、開業資金を準備する必要があります。開業する事業によって必要とする開業資金は大きく変わってくるので、事前にどの程度の資金を必要とするかを調べる必要があります。

・・・つづきはこちら

独立開業を支援するために助成金や補助金制度があります。それぞれ、受給のためには要件を満たす必要がありますが、補助金は予算があるため要件を満たしても受給できない場合があります。

・・・つづきはこちら

店舗やオフィスを借りるには、毎月の賃料だけでなく多額の初期費用が発生します。そのため、経費を抑えるためにレンタルオフィスやバーチャルオフィスを利用する方も少なくありません。

・・・つづきはこちら

起業のスケジュールをご紹介します。業務内容が決まったら、情報収集とリサーチ、事業体系、営業場所の決定と手順を踏み、事業計画書を作成します。段取り良く準備を進めていきましょう。

・・・つづきはこちら

起業した際、どのような税金がかかり、どんな書類が必要なのでしょうか?税金は主に法人税、法人住民税、法人事業税の3つです。重ねて、税務署に提出する書類もあります。

・・・つづきはこちら

事業計画書は、起業する際に重要視されます。事業計画書を立てることで、事業が実現可能か客観的に判断でき、銀行や地方自治体などからの融資を受ける際に有利になります。

・・・つづきはこちら

ストラック図表とは、未来会計図表とも呼ばれ、会社の損益構造を図によって表したものです。会社の経営状態の分析を行う際、一番のポイントとなる収益性を確認するのにとても役立ちます。

・・・つづきはこちら

キャッシュフロー計算書とは、企業で一定期間に現金及びそれに相当する資金がどれだけ流入・流出したかを表現したものです。企業の支払い能力を示す重要な財務諸表のひとつです。

・・・つづきはこちら

会社を退職して独立する場合、税法の世界では「個人事業主」になります。会社員時代には管理部や総務部が税務署に書類を提出してくれていましたが、独立となれば別です。

・・・つづきはこちら

社会保険とは、様々なリスクに備えた相互扶助の仕組みです。会社を設立すると、社会保険の加入が義務付けられます。会社にとって社会保険がキャッシュフローに与える影響は大きいです。

・・・つづきはこちら

確定申告には青色申告と、白色申告の2種類があります。白色申告の手続きは簡単ですが、青色申告の様な控除はありません。ある程度の収入がある人は青色申告の方がお得です。

・・・つづきはこちら

個人事業主が一番節税しやすいのは、所得税です。今まで「経費」として申告していなかったものを、申告し、認めてもらうだけで、所得税の額は随分と変わってくるはずです。

・・・つづきはこちら

 
 

お気軽にご相談をお待ちしております。初回相談5,000円。050-3576-9997/ご相談はこちら

 
 

NEW BLOG

     
     
     

     
     
     
    ページトップに戻る